安くて高性能なおすすめのアイライフロボット掃除機「ILIFE V3s Pro」使い方から価格・機能まで詳しくレビューします!
We use cookies to improve your online experience. By continuing browsing this website, we assume you agree our use of cookies.
By nbwjszd | 20 November 2020 | 0 Comments

安くて高性能なおすすめのアイライフロボット掃除機「ILIFE V3s Pro」使い方から価格・機能まで詳しくレビューします!

Proscenic Official Store
P11
$ 207.20
850T
$ 207.20
A8
$ 119.20
I7
$ 95.20
808C
$ 79.20
T21
$ 103.20

「アイライフ(ilife)」という商品をご存知でしょうか。「ルンバ」というお掃除ロボットをご存知の方は多いと思いますが、「アイライフ」も「ルンバ」同様、フロアを掃除してくれる優れもののお掃除ロボットです。お掃除ロボットの元祖ともいえる「ルンバ」と比較しながら、「アイライフ」の特徴を見てみましょう。

1.「ILIFE V3s Pro」機能

アイライフ「ILIFE V3s Pro」の大きな特徴は大きく6つあります。
1. 強力な吸引力(清掃力)
2. ブラシレス吸引口
3. 高性能フィルターで排気がクリーン
4. 多機能クリーニングモードを搭載
5. 自動充電
6. 障害物回避機能付き
 
ペットがいる家庭向けに開発されたilife v3s pro ロボット掃除機は、強力な吸引力でペットの毛やホコリ等を効率的に掃除します。予約した時間に自動で掃除を開始し、バッテリー残量が低くなると自動的に充電する優れものです。
 
自動的に障害物や段差を感知し、家具などへの衝突を防ぎ、段差での落下をセンサーで感知することにより回避します。
 
若干難点なのがゴミ捨てです。アイライフ v3s pro のお手入れの仕方として、本体上部のフタを空けてダストボックスを取り出すのですが、その際にフィルターを取り外すひと手間がかかってしまうのが少し残念なところです。
 

2.「ILIFE V3s Pro」使い方

アイライフ「ilife v3s pro」の使い方はとっても簡単です。

本体には「CLEAN」ボタンひとつでこのボタンでオンとオフを操作できます。

本体操作ではなく、付属のリモコンを使うと、スケジュール予約、「自動掃除」、特定の場所を集中的に掃除する「スポット掃除」、壁際を重点的に掃除できる「エッジ掃除」、そして「予約掃除」の全4モードから選んで清掃が可能です。
 
オススメの使用方法は、出勤前や外出前に掃除の予約をして置く使い方です。そうすれば、帰宅した時にはすべて掃除が終了しているので便利です。
 

3.「ILIFE V3s Pro」付属品

「ilife アイライフ v3s pro」には、本体とリモコン、充電ドック部分があり、通常使用の場合で、1年間を過ぎると少しずつ充電池の減衰が見られます。ダストボックス内に設置するフィルターを交換する際には、別購入が必要となります。
 

4.「ILIFE V3s Pro」レビュー/口コミ

アイライフ v3s pro を購入した方のレビューを見てみましょう。
 
家電の販売価格を調べることができる「価格ドットコム」で、4.38ポイントの高評価を獲得しています。
 
「使用開始後1年半です。このまま3~5年使えたらこの価格で言うこと無し。この10年で最高に使える買い物でした。」
 
また、「楽天みんなのレビュー」では4.18ポイントを獲得し、「かなりコスパが良いロボット掃除機」との口コミもあります。ilife v3s proは、買い求めやすい価格である事も人気の秘密です。
 

5.他のILIFE(アイライフ)のロボット掃除機で比較

ilife アイライフ・ロボット掃除機には、ilife v5s pro、V8s、A4s、A6、A7と種類があります。
 
●水拭き機能がついているのは以下の2機種です。
 
 
 
・V5s Pro
・V8s
 
※吸引と乾拭きは同時にできますが、吸引と水拭き機能は同時に使う事はできませんので注意しましょう。
 
●ブラシが付いているか付いていないかに関しては、Vシリーズはブラシ無し、Aシリーズはブラシありとなっています。A6とA7機種は、毛のブラシとシリコンブラシを好感して使い分けることができます。
 
●経路計画システム搭載かどうか

 

V8sかA7機種は、経路計画システムが搭載されています。稼働時間を短くして欲しい方や、節電したい方、掃除機ロボットに効率の良い動きを期待する方には、V8sかA7機種がオススメです。
 
●進入禁止エリアを設定したい場合はA6モデル

 

「この場所は掃除機ロボットに入って欲しくない」または「ここは大きな段差があて危険だから稼働しないで欲しい」と言った場所を「進入禁止エリア」として設定できるのはA6機種のみとなります。A6はアマゾンジャパンで3万2060円です。
 

7. ルンバロボット掃除機で比較


部屋の床掃除をすべて行ってくれる自動掃除ロボットという市場を開拓した「ルンバ」は、アイライフのお掃除ロボットに比べると比較的高額にはなりますが、「ルンバとアイライフを比較して検討してみたい」という方もいらっしゃることでしょう。
 
ルンバをモデル別に比較する場合には、まず使用するお部屋の間取りで考えてみましょう。
 
ルンバの人工知能センサー「iAdapt」は、部屋の広さや掃除をする範囲、ゴミのある場所を検知して掃除を行います。
 
この人工知能センサーのバージョンには機種によって違いがあり、ルンバ643とルンバe5はベーシックな「高速応答プロセス iAdapt」を搭載しています。
 

ベーシックなセンサーなので、1LDK等の部屋数が少なく比較的コンパクトな家に適しています。ただし、e5機種は吸引力に優れており、かつ90分の稼働時間と長めで、ダストボックスを丸ごと水洗いできる為、とても人気があります。
 

 
上位機種のルンバ960はカメラでフロア全体を認識する「iAdapt 2.0ビジュアルローカリゼーション」センサーを搭載している為、複数の部屋も同時に掃除する能力を備えています。
 
清掃効率も、各モデルに搭載されている人工知能のバージョンによって異なります。効率があまり良く無いモデルだと、ランダム走行を行う理由により清掃時の動きに無駄が生じます。掃除効率を求めるならルンバi7+、ルンバi7、ルンバ960の上位3機種がオススメです。
 

また、スマートフォンのアプリに対応しているモデルもあります。アプリを使ってルンバを管理したい方にオススメなのはi7シリーズです。ただし、ルンバi7は、上位モデルで14万円以上しますからとにかく掃除をロボットで全部管理したい、最上位モデルが欲しい、ゴミ捨てを簡素化したい方にオススメです。
 
ルンバi7のように完全管理までしなくても、とりあえず簡単にスケジュール機能を使いたい方には、ルンバ960やルンバe5がオススメです。スマホとの連携は不要という方には、ルンバ643機種もいいと思います。価格も、税抜2万9800円ほどなので、初めてルンバを購入する方にピッタリです。
 
 

8. まとめ

憂鬱なお掃除をサポートしてくれる画期的なお掃除ロボットを買いたいけど、価格も気になるし性能も気になる・・・たくさんの機種があってどれを選んだらいいかわからない、という方はたくさんいらっしゃる事でしょう。

今回はアイライフとルンバを比較してみましたが、低価格で購入できるお掃除ロボットの第一位に「ILIFE V3s」があります。ルンバの高級モデルと比較すると若吸引力が弱い面もありますが、稼働時間も長めで、お部屋を綺麗にしてくれます。「お掃除ロボットが欲しいけど10万円も出せない」という方、「ルンバじゃなくてもいいかも」という方には、アイライフilife v3s proをお勧めします。
 

 

10%OFF

最初の購入

メールを入力してください

クーポン
Recommended for You
M7 PRO
$ 367.20
T21
$ 103.20
P11
$ 207.20
A8
$ 119.20