2020 パナソニック(panasonic) スティック掃除機 おすすめ 商品
We use cookies to improve your online experience. By continuing browsing this website, we assume you agree our use of cookies.
By nbwjszd | 19 November 2020 | 0 Comments

2020 パナソニック(panasonic) スティック掃除機 おすすめ 商品

Proscenic Official Store
P11
$ 259.00
850T
$ 259.00
A8
$ 149.00
I7
$ 119.00
808C
$ 99.00
T21
$ 129.00

1.パナソニック(panasonic) 掃除機とは?


パナソニックが開発したスティック掃除機の特徴としては、CMでお馴染みの「からまないブラシ」です。髪の毛もペットの毛もほとんどからまない構造になっているため、お手入れの手間がかなり省けます。性能としては、「クリーンセンサー」搭載のためゴミの量を検知して、自動でパワー調整してくれます。本体ヘッド部は「ガバとり構造」のため、壁際ギリギリまでブラシが届くようになっており、ノズルが壁に当たるとヘッド前部がガバっと開き、壁際や部屋の角までしっかりと取り残しの内容に掃除することができます。

 

2.コードレススティック掃除機 特長

 

パナソニックから販売されているコードレススティック掃除機の「共通特徴」に関して説明していきたいと思います。パナソニックのスティック掃除機では、ブラシタイプのノズルを採用しているため、床面や溝の奥のゴミまでしっかりと吸い取ってくれます。さらに独自の「Y字ブラシ」を採用しており、より床面に接触するため、ゴミを書き出す力を高めてくれます。またパナソニックのスティック掃除機は、コードレス掃除機としても、ハンディ掃除機としても使用することができます。
 

3.パナソニック(panasonic) スティック掃除機 価格

パナソニック 【スティッククリーナー コードレス サイクロン式 ホワイト MC-SBU530J-W】の価格をそれぞれの通販サイトで比較していきたいと思います。
アマゾン:¥38,298
楽天市場:¥34、560(送料無料)
ヤフーショッピング:¥34,560
au Payマーケット:¥34,560
こうして比較してみると、アマゾンが少しだけ高く感じます。アマゾンもポイントで2,000ポイントは還元されるため、¥36,298にはなるのですが、それでも少し高くなります。
 

4.コードレススティック掃除機を選ぶときの重要ポイントは?

・収納場所

スティック掃除機の多くは電源コードの近くで収納することになります、キャスター型の掃除機と違い押し入れや戸棚にしまうことが少なく出しっぱなしの状態になります。なので、デザインや収納方法には気を付けたいところです。
 

・メンテナンスの方法・頻度

掃除をする掃除機が汚れていては、元も子もない状態です。なので日頃からのお手入れが重要になります。スティック掃除機を使用していて多く聞く声が、「ブラシに髪の毛などがよく絡まる」です。パナソニックが開発した「からまないブラシ」はその点においてはとても優れているといえるでしょう。その他にもダストボックスのお手入れや、フィルターの交換の頻度など、欲しい商品の特徴をしっかりわかったうえで購入しないと汚れた掃除機で部屋を掃除しているかもしれません。
 

・バッテリー

スティック掃除機本体を直接充電するものがほとんどですが、なかにはバッテリーを本体から取り出して充電するものもありますので、どちらが使っていくうえでストレスにならないか検討することも必要です。
 

5.あなたにぴったりのコードレススティック掃除機は?


 

MC-SBU840K

「高い吸引力と使いやすさ」
パナソニックが開発した「からまないブラシ」を搭載したモデルです。中央に向かって先端が細くなる円錐型のダブルブラシ構造で書き取った髪の毛やペットの毛などをほどきながら集塵します。髪の毛がからみにくいことで、お手入れの手間が省けます。

MC-SBU530J

「大容量バッテリー・ハイパワー」
パナソニックのスティック掃除機の中でもバッテリーが大容量となっていますので、自動モードでは最大約25分間、ロングモードであれば最大約40分の連続運転が可能です。さらにブラシの毛先には3種類の異なるブラシが採用されており、絨毯の奥や畳も綺麗に掃除してくれます。またフィルターを使用しない構造なのでお手入れが簡単です。

MC-SB51J/MC-SB31J

「強い吸引力と軽量ボディに特化」
小型モーターを採用しているため、ボディの重さは1.6kgととても軽く、人が歩く時の腕の振りに近い動きで操作しやすくなっています。「クリーンセンサー」を搭載しているので、ゴミがあると「赤点灯」し、ゴミがなくなると「黒点灯」になり、電力の無駄をなくした掃除をします。独自開発の「Y字ブラシ」を採用しており、壁際ギリギリまでゴミを残さずしっかりと集塵します。さらにダストボックスは簡単取り外しができ、そのまま水洗いできるので、お手入れも楽々です。
 

6.パナソニック(panasonic) スティック掃除機比較 

【MC-SBU820】

パナソニックのスティック掃除機の中でも強い吸引力を誇るのが「MC-SBU820」です。吸込仕事率は200Wと、パナソニックのスティック掃除機の中では最強です。クリーンセンサーも搭載されているので、目に見えないゴミも残さず集塵します。

【MC-SBU530J】

吸引力の高さは維持したまま、お手入れのしやすさで人気の最新モデルです。「フィルターレスサイクロン構造」なので、面倒なフィルターのお手入れの手間がいりません。吸い込み仕事率は140Wと、高い吸引力を誇ります。

【MC-BU110J】

「2in1」のスティック掃除機です。デザインが他のモデルと異なり、流線型なのが特徴的です。クリーンセンサーはついていませんが、「ガバとり」、「抗菌ノズル」が採用されています。こちらのモデルはハンディタイプとしても使用することができます。

【MC-SBU1F】

スリムな筒状になっているスティック掃除機です。こちらもハンディとしても使用することができます。ハンディとして使用したとき、530gととても軽量になり、大きさも折り畳み傘くらいですので、とても使いやすく、サブの掃除機としても活躍してくれそうです。
7.アタッチメント 付属品(フィルター/電池/ヘッド など.....)
パナソニックのスティック掃除機には、他社のスティック掃除機のように付属品はありません。
 

8.口コミ

・デザイン

『日本製で日本人には馴染みやすい素晴らしいデザイン』

・使いやすさ

『ワンタッチで取り外せる親子ノズルが秀逸しています。日本製ならでは』 

・吸引力

『コードレスとしては十分なパワーがあります。それでもフィルターのメンテナンスは欠かせません』
 

・静音性
『特にうるさいと感じません』

・総合評価

『スティック掃除機の代名詞であるダイソンと比較しても、劣らない性能。』
『日本製ならでは安心』
 

9.ゴミすて方法/お手入れ/修理

床ノズルの回転ブラシが上手く回りません。お手入れが必要でしょうか?
掃除機が全く動かない。改善方法は?
ダストボックスにゴミが溜まったら、ダストボックスを外してお手入れしてください
【手順】
①ダストボックスを外す
②ごみを捨てる
③ダストボックスをもとに戻す
 
ダストボックスを掃除しても吸引力が回復しないときは?
「お手入れランプ(赤色)」でお手入れ時期をお知らせ
【手順】
①ごみを捨てる(上記)
②ネットフィルターからフィルターを外す
③フィルターからスポンジフィルターを外す
 
【取付】取り外しと逆の手順で取り付ける
①スポンジフィルターを取り付ける
②フィルターをネットフィルターに取り付ける
3フィルターケースとダストカップをセットし、本体にダストボックスを取り付ける
 
汚れが気になる時は、水洗いも可能です

10.まとめ


 
パナソニックといえば日本製ということもあり、安心感がもてます。しっかりとした吸引パワーで、性能も優れておりリーズナブルな価格なのでこれからスティックタイプの掃除機の購入に迷っているは参考にしてみてください。

 

 

10%OFF

最初の購入

メールを入力してください

クーポン
Recommended for You
M7 PRO
$ 459.00
T21
$ 129.00
P11
$ 259.00
A8
$ 149.00