ルンバ 600 シリーズ:毎日の床掃除の負担を軽減させる
We use cookies to improve your online experience. By continuing browsing this website, we assume you agree our use of cookies.
By nbwjszd | 17 November 2020 | 0 Comments

ルンバ 600 シリーズ:毎日の床掃除の負担を軽減させる

Proscenic Official Store
P11
$ 259.00
850T
$ 259.00
A8
$ 149.00
I7
$ 119.00
808C
$ 99.00
T21
$ 129.00

1. ルンバ 600 シリーズを買った理由



2018年の8月に販売され始めたルンバには600シリーズですが、ルンバからは800シリーズや900シリーズがあるなか、なぜ600シリーズなのか?他のシリーズと比較してみていきたいと思います。600シリーズといえばルンバのなかでもスタンダードなモデルとなっており、価格も低価格であるのが600シリーズといえます。他のシリーズよりオプションを減らすことでコスパの削減を実現しました。清掃機脳も他者のロボット掃除機と比較してみても優れています。そういった点からもルンバをデビューしたい方にとっては、購入しやすいシリーズとなっています。
 



2.ルンバ 600 シリーズ 価格/解説(機能)/レビュー

ルンバ600シリーズを実際に購入して使用した方のレビューを基にまとめてみました。

 

 

・『ルンバなのに安い』

圧倒的に多いのが安いという声です。ルンバシリーズをみてみると高いものでは高額になるものもあるのですが、600シリーズはスタンダードモデルでコスパが良い点、購入に踏み切りやすいという声もあるようです。

・『思っていた以上に吸引力がパワフル』

・『ルンバ購入前よりも床が綺麗になった』

コスパが良く低価格といってもルンバシリーズのなかでの比較になるので他者のお掃除ロボットと比較すると吸引力はパワフルで、細かいゴミやホコリまで残さずにしっかり掃除してくれます。同じ個所のゴミがなくなるまで繰り返し掃除してくれるので、取り残しのなく清潔を保ってくれます。

・『使いやすい』

・『シンプルでわかりやすい』

スタンダードモデルで余計なオプションを削減したのがルンバ600シリーズでもあるので、設定のしやすさも売りになっています。あれこれ設定なく使用を始められるので、余計な手間がかからずに部屋の床を綺麗にしてくれるのもメリットです。

ルンバ671 (最新モデル)



 
ルンバ600シリーズも豊富なラインナップがあるなかでも最新モデルでもある【ルンバ671】ではスマートフォンと連携させることが可能です。連携させることで外出先からの遠隔操作はもちろんのこと、曜日ごとに掃除スケジュールを設定することができ、さらに『スマートスピーカー』との連携することで音声操作も可能になっています。従来のルンバ600シリーズの電池はニッケル水素電池であったのに対して最新のルンバ671では、リチウムイオン電池を搭載しており、連続稼働時間も約90分と長くなっております。また、ルンバ671ではオプション機能として『デュアルバーチャルウォーク』を使用することで侵入してほしくない場所への立ち入りを制限することも可能です。『ヘイローモード』では、半径60cmの円状にルンバを侵入させないように設定できるので、安心して掃除を任せられます。
 
ルンバ690(Amazon限定モデル:ルンバ691)



 
【ルンバ690/691】もルンバ600シリーズでも上位に位置付けられています。最新モデル671と同様に『スマートフォン・スマートスピーカー』と連携させることで、より優れた性能を発揮してくれるモデルでもあります。そのほかにもスケジュール機能が使用でき、バッテリーもリチウムイオン電池が搭載されているので長時間の稼働が可能です。最後に[690]と[691]の違いは「色」のみで、付属品や性能はまったく同じものです。690が「ライトシルバー色」で691は「チャコール色」となっています。
 
ルンバ680




【ルンバ680】は余計なオプションが付属しておらず、低価格で販売されています。コスパも良く、性能も他社と比較しても抜群の性能を発揮してくれます。『iAdapt』が搭載されており部屋の間取りを把握することができるので、最適なルートで部屋の隅々まで掃除してくれます。また『3段階クリーニングシステム』採用のため、細かいチリやホコリまでも残さず吸引します。
 
ルンバ643ルンバ642】【ルンバ641

 


上記3機種のルンバはどれもスタンダードモデルでエントリーモデルといえるでしょう。ルンバは高性能なものを購入するとなると10万円を超えるものもあるのですが、これら3機種は3万円台で購入することができます。性能は3機種ともまったく同じです。何が違うのかは、『見た目』のみです。
【ルンバ643】色は、チャコールです。
【ルンバ642】色は、Amazon限定のモデル販売でチャコールです。
【ルンバ641】色は、ブルーシルバーです。
3機種のなかでも641は型落ちなので他の2機種に比べても低価格となっております。
どの機種も『3段階クリーニングシステム』を採用しているため、微細のチリやハウスダストを残さず吸引してくれます。
 
ルンバ622

 

 
【ルンバ622】では、スケジュール機能やスマートフォン・スマートスピーカーとの連携がありませんが、リモコンによる操作が可能です。またルンバ654機種と比較してみても、吸引力は同等となっています。値段はスケジュール機能がない分、654よりも少し安いのでスケジュールを設定せずに、安くで購入したい方にはおすすめの1台です。
 
ルンバ606



 
ルンバ600シリーズのなかでも最安値となっている【ルンバ606】は3万円台から購入することができます。ルンバ600シリーズの他機種と同様に『3段階クリーニングシステム』が採用されているため強力なモーターによって微細なハウスダストや髪の毛までしっかり吸引してくれます。他社から販売されている格安ロボット掃除機と比較してみると十分な性能が備わっています。そのほかにも『iAdapt』搭載のため、複数のセンサーによって間取りを把握し、同じ場所にゴミの取り残しがないように綺麗になるまで掃除してくれます。

 
3.まとめ

以上、ルンバから販売されている最新機種から旧型の機種でしたが、性能によって値段が違ったりするので購入前の参考にしてみてください。最低限の性能で良ければ思っているよりも安くで購入できるモデルも見つかるかもしれません。最新のものであれば、値段はそこそこしますが、帰宅時間に合わせて掃除スケジュールを遠隔設定したり、声に反応してくれるので手を使うことなく、部屋の清潔さを保つことができます。購入前に使用用途をしっかりと考慮した上で、この記事が少しでも参考にしてみてください。
 

 

10%OFF

最初の購入

メールを入力してください

クーポン
Recommended for You
M7 PRO
$ 459.00
T21
$ 129.00
P11
$ 259.00
A8
$ 149.00