吸引と水拭きが同時にできる!Ankerのロボット掃除機「Eufy RoboVac L70 Hybrid」詳しく解説
We use cookies to improve your online experience. By continuing browsing this website, we assume you agree our use of cookies.
By nbwjszd | 30 October 2020 | 0 Comments

吸引と水拭きが同時にできる!Ankerのロボット掃除機「Eufy RoboVac L70 Hybrid」詳しく解説

Proscenic Official Store
P11
$ 239.00
850T
$ 258.00
A8
$ 90.30
808C
$ 99.00
 

Ankerのロボット掃除機「Eufy RoboVac L70 Hybrid」とは?

 

 
モバイルバッテリーで有名なAnkerですが、近年は家電製品もリリースにも力を入れています。なかでも注目されているのが低価格ながらに抜群の性能を発揮するお掃除ロボットです。いくつか種類あるなかでも2019年9月に販売開始された【Eufy Robo Vac L70】は最上位に位置付けられており、なんといってもゴミの吸引と同時に水拭きまでしてくれる優れものです。その他にも「SLAM」機能が搭載されているので位置認識やマッピング機能を使い、より効率よく掃除してくれます。


 

Ankerのロボット掃除機「Eufy RoboVac L70 Hybrid」のメリット


知れば知るほど購入したくなるメリットについて説明したいと思います。
 
・ダストボックスと水タンクが一体型になっており、取り外しが簡単です。
・ダストボックスに付属しているフィルターも取り外してお手入れすることができます。
・本体のタイヤはゴム素材なので、フローリングを傷つけにくいです。また18mmまでの段差であれば乗り越えられるため、タイヤの高さが可動する仕組みになっています。
・掃除中も比較的静か。
・スマートフォンと連携させることで、掃除エリアの指定ができるので効率よく掃除してくれる。
・優れた性能なのに5万円台とコスパが良い。
 
このほかにも挙げればキリがないほど、実際に使用した人からは「使ってよかった」と多くの声が寄せられているようです。
 

Ankerのロボット掃除機「Eufy RoboVac L70 Hybrid」のデメリット


購入するまでに知っておきたいのがデメリットです。購入後に気づいて手遅れにならないように事前に知っておきましょう。
・メインブラシに髪の毛などが絡まりやすいので、お手入れが大変。ブラシは水洗いできないので、絡まった毛をとりながらお手入れする必要があります。
・床にコードなどがあればお掃除ロボット本体が吸い込んでしまう可能性があります。また吸い込んでしまった際に自動で絡まりをほどく機能が備わっていないため、進入エリアの設定などが必要です。
・本体の上部に突起した部分(約10.5センチ)があるので家具の高さによっては掃除できない場所も出てきます。
 

Ankerのロボット掃除機「Eufy RoboVac L70 Hybrid」を実際に使ってレビュー


ここからは実際に購入して使用した方々の声を紹介したいと思います。
 

・『お掃除機能と水拭き機能の両方が、この1台で済ませられる。』

 

普段の掃除でも水拭きまではなかなかする時間がないのですが、アンカーの【Eufy Robo Vac L70 Hybrid】があれば1台で集塵から水拭きまでしてくれるので、びっくりするほどフローリングが綺麗になります。
 

・『AIマッピング機能搭載されているので、スマホと連携させて掃除エリアを指定できる』

 

部屋の間取りを記憶させることができるので、より効率的に掃除+水拭きすることができます。
 

・『子ども用のマットを乗り越えられる』

 

子どもが生まれたことをきっかけに購入された方のレビューです。本体は高さ18mmまでは自動で乗り越えられる優れものなので、子ども用のマットだけでなく、カーペットなどがあっても綺麗に掃除してくれます。
 

・『吸引力が強力でありながら、音は普通の掃除機よりも静か』


吸引力を表す数値Paですが、【Eufy Robo Vac L70 Hybrid】では、2200Paとかなり高い吸引力を誇っています。それだけでなく、稼働中は音は静かでテレビを見ていても気になりません。
 

他のおすすめ水拭き掃除機能付ロボット掃除機を紹介!


近年のお掃除ロボットは従来のお掃除ロボットと違い、「吸引清掃」と「水拭き」の2つの性能を兼ね備えたハイブリッドのものが主流になりつつあります。
 

【ECOVACS(エコバックス) DEEBOT OZMO610 ロボット掃除機】

 

Wi-Fiでスマートフォンと連携させることができ、OZMOモップシステムの水量の制御やタイマーの設定など、外出先からでも設定可能なので帰宅時間に合わせておくことができます。また吸引方式も2種類あるので、床に合わせて設定することができます。
 

【エコバックス DEEBOT OZMO 930】

 

上記[DEEBOT OZMO 610]の上位機種です。【OZMO 930】では、レーザースキャンで部屋の間取りを測定、記憶させることができるマッピング機能を使い、効率的に掃除してくれます。またフローリングとカーペットの違いを識別し、カーペットでは自動で吸引力を強めてくれるのでカーペットの奥のホコリまで残さずしっかり取り除いてくれます。
 

【エコバックス DEEBOT OZMO Slim 10 / DEEBOT OZMO Slim 15】

 

水量調整な機能[OZMO モップシステム]はもちろんのこと、方向制御や、清掃モードの変更、タイマー設定やスマートフォン制御など、従来の優れた性能は残したままの薄型設計になっています。厚さが5.7ミリと、お掃除ロボットにしてはかなりの薄型なので家具の下や隙間にも入り込み、部屋の隅々までくまなく掃除してくれます。
 

まとめ


以上が近年普及している「吸引清掃」と「水拭き」機能を兼ね備えたハイブリッドなお掃除ロボットです。デザインも多様化しており、Wi-Fiを用いてスマートフォンと連携することで外出先からも設定することができるので、ますます家に帰ってくるのが楽しみになりそうですね。

 

 

10%OFF

最初の購入

メールを入力してください

クーポン
Recommended for You
P11
$ 239.00
A8
$ 90.30