【加湿】ダイキン「MCK70W」空気清浄機 vs パナソニック「F-VXT90」空気清浄機、どちらが優れていますか?
We use cookies to improve your online experience. By continuing browsing this website, we assume you agree our use of cookies.
By nbwjszd | 30 October 2020 | 0 Comments

【加湿空気清浄機】ダイキン「MCK70W」 vs パナソニック「F-VXT90」、どちらが優れていますか?

Proscenic Official Store
P11
$ 259.00
850T
$ 259.00
A8
$ 149.00
I7
$ 119.00
808C
$ 99.00
T21
$ 129.00
ここでは、加湿機能を備えた人気の空気清浄機のなかでもダイキン【MCK70W】とパナソニック【F-VXT90】の比較をみていきたいと思います。


 

ダイキン「MCK70W」空気清浄機とは?

 

ダイキンの空気清浄機には、独自のクリーンテクノロジー「ストリーマ」があります。ダイキンは、[アクティブプラズマイオン]を放出し、部屋中の有害物質を取り込み、「ストリーマ」で空気中の有害物質を分解してくれるシステムです。ストリーマでは花粉を99%以上を除去し、他にもタバコの臭いやペットの気になるニオイなども分解してる脱臭能力にも優れています。なかでも2019年に発売された加湿ストリーマ空気清浄機ハイグレードモデル【MCK70W】シリーズでは、従来の機種に比べて、有害ガスの分解スピードや脱臭性能が約2倍になりました。さらに、【MCK70W】では、新たに『TAFUフィルター』が採用されており、他者の空気清浄機と比較しても集塵性脳には優れています。
 

パナソニック「F-VXT90」とは?

 

パナソニックからは、2020年11月2日に発売が予定されている【F-VXT90】では新たに『3Dフロー花粉撃退気流』と『ナノイーX』が搭載されており、従来の空気清浄機に比べて花粉やハウスダストを効率よく集塵し、より速く抑制します。『3Dフロー花粉撃退気流』では、本体開口部と2枚のルーバー形状を見直し、気流がこれまでの空気清浄機よりも効率よく室内全体を循環します。『ナノイーX』は新たに搭載されることになり、これにより従来と比較しても花粉の抑制時間が2分の1まで短縮することを実現しました。さらに、使用する人によって環境の設定を変更できる機能も備わっており、空気の汚れの種類や度合いなどを設定してユーザーに合った空気環境をつくることも可能です。
 

ダイキン「MCK70W」空気清浄機 vs パナソニック「F-VXT90」空気清浄機の違い

 

ここでは、加湿機能を備えた人気の空気清浄機のなかでもダイキン【MCK70W】とパナソニック【F-VXT90】の比較をみていきたいと思います。
 

◆適用床面積

  適用床面積
ダイキン MCK70W ~31畳
パナソニック F-VXZT90 ~40畳

2つを比較してみてもダイキンのほうが適用床面積は少し狭くなっておりリビングに向いており、適用床面積が広いパナソニックはオフィスなどで活躍してくれそうですね。
 

◆最大加湿量

  最大加湿量
ダイキン MCK70W 650ml/時
パナソニック F-VXZT90 870ml/時

次に1時間毎の最大加湿量ですが、こちらはダイキンが毎時650mlで、パナソニックのほうは毎時870mlとなっております。最大加湿量からみても、少し広いスペースではパナソニックが活躍してくれ、リビングや毎日の生活ではダイキンが適しているといえます。
 
次に、HEPA(High Efficiency Particulate Air)フィルターに関してです。これは空気中からゴミやホコリなどを取り除き、空気清浄する目的のエアフィルターの一種でありますが、ダイキンとパナソニックでは異なるエアフィルターを採用しており、どのような効果の違いがあるのかを解説していきます。
 

◆ダイキン【TAFUフィルター】

静電フィルターの一種である[TAFUフィルター]を採用しているダイキンですが、このフィルターは素材に撥水・撥油(はつゆ)効果が高いロータス繊維が使われているため水分や油分を含むベタつきなどを防いでくれます。そのことからフィルターの静電力も低下しにくく、使用後3年経過しても初期性能とほぼ変わらずの95%、10年経過後では72%を維持してくれます。
 

◆パナソニック【静電HEPA】

 

一方のパナソニックでは、[静電HEPA]が採用されています。静電HEPAフィルターとは、0.3μmの粒子を99.97%除去するフィルターのことで、フィルターの細かさに加え、静電力の力で粒子を吸着します。小さな粒子は静電気に引き付けられやすい性質のため、高い集塵力が期待でき、静電力を用いないHEPAフィルターに比べると長持ちします。
 

じゃあ、ダイキン「MCK70W」空気清浄機 vs パナソニック「F-VXT90」空気清浄機 どっちがいいの?

 

上記で述べたように、大手メーカーであるダイキンとパナソニックを比較してみても使用用途に合った空気清浄機を使うことが重要です。日常生活のなかで快適に過ごしたいのであれば、適用床面積が小さいダイキンになるでしょうし、オフィスや職場、比較的広めのスペースで使用するのであればパナソニックのほうが適しているといえます。最後に紹介したフィルターの違いについても、TAFUフィルターのほうが魅力的なのか、静電力を用いたHEPAフィルターに惹かれるのか、といった点も重要かもしれません。
 

まとめ


以上が、ダイキン[ MCK70W ]とパナソニック[ F-VXT90 ]でした。どのメーカーの空気清浄機を使用するにしても、自分が使用する空間に見合った空気清浄機を使用することで、空気清浄機が持つ本来の力を発揮してくれるはずです。また逆にあまりにも空間に合わない場合は、本来の空気清浄機としての役割は軽減されるかもしれません。


 
 

 

10%OFF

最初の購入

メールを入力してください

クーポン
Recommended for You
M7 PRO
$ 459.00
T21
$ 129.00
P11
$ 259.00
A8
$ 149.00