拭き掃除に特化した--床拭きロボット「ブラーバ」
We use cookies to improve your online experience. By continuing browsing this website, we assume you agree our use of cookies.
By nbwjszd | 23 October 2020 | 0 Comments

拭き掃除に特化した--床拭きロボット「ブラーバ」

Proscenic Official Store
P11
$ 259.00
850T
$ 259.00
A8
$ 149.00
I7
$ 119.00
808C
$ 99.00
T21
$ 129.00
 

床拭きロボット「ブラーバ」シリーズとは?


iRobotから販売されている床の自動掃除機(お掃除ロボット)のブラーバシリーズでは、フローリングやタイルの床を水拭き(ウエットモード)と乾拭き(ドライモード)を選び掃除することが可能です。これまでにないウエットモードでは、床にこびりついた汚れや、飲み物のこぼれた跡なども綺麗に掃除してくれます。掃除機はかけるけれど、床拭きは面倒という方も多いかと思いますが、そうした掃除のお悩みを解決してくれるのがブラーバシリーズです。


 

ブラーバとブラーバ ジェットの違い


「ブラーバ」と「ブラーバジェット」ではどのように違うのか、最も違う部分は「最大稼働面積」の違いといえるでしょう。下記の表を参考に、稼働面積の違いをみてみてください。
 
  ドライモード ウエットモード
ブラーバ390j 56畳 20畳
ブラーバジェット250 15畳 12畳
 
表からもわかるように、ブラーバのほうが広い場所での使用に向いているといえます。
その他にも、ブラーバでは本体のボタンを押すことで操作していたのが、ブラーバジェットでは専用パッドを取り付けることで自動認識し、シーンに合った掃除モードに自動的に切り替えてくれます。
また、ブラーバジェットはブラーバに比べると、よりコンパクトな設計になっているため、掃除の手が行き届きにくい家具の下など掃除することができる点では優れています。
 

床拭きロボット「ブラーバ」の選び方


ブラーバといっても種類があり、種類によって掃除モードが異なります。先ほども申し上げたように、使用する部屋の広さによっても適しているブラーバは異なります。なのでまずは使用する部屋の面積の広さを考えておくと良いでしょう。その次にそれぞれの特徴をしっかりと把握しておくことも大切です。

【ブラーバ】

 
 

・掃除面積が広い
・掃除用使い捨てシートが使用できる
・充電は縦置きでコード付き
 
ブラーバは上記のこうした特徴に対して、ブラーバジェットはどうかというと
 

【ブラーバジェット】

 

・「ジェットスプレー」使用なので汚れを落としやすい
・ルンバ(i7+、i7・900シリーズ)と連携できる
・間取りを記憶できる
・充電はバッテリーを取り出して充電(本体からバッテリーを取り外し可能)
 
それぞれの特徴をふまえたうえで、購入の際の参考になればと思います。
 

床拭きロボット「ブラーバ」3機種を一覧表で比較


ここでは「ブラーバジェットm6」、「ブラーバジェット250」、「ブラーバ390j」の3機種をそれぞれ比較していきたいと思います。
 

【ブラーバm6】

 

ブラーバシリーズのなかでも最高機能搭載の最新モデルです。ジェットスプレーを噴射しながら室内を拭き清掃してくれます。また充電がなくなりそうになれば自動充電してくれ、さらに充電が完了すれば自動再開してくれるのも特徴のひとつです。稼働面積は最大60畳までとなっており、複数の部屋を掃除してくれます。スマートフォンと連携させることで掃除する部屋の指定やスケジュールを管理する機能も備えています。
 

【ブラーバジェット250】

 

ブラーバジェット250も上記のブラーバジェットm6と同様にジェットスプレーを噴射しながら掃除をしてくれるモデルですが、m6よりもコンパクトな設計になっています。床にスプレーを吹き付けて汚れを浮かせて、クリーニングヘッドを振動させながら汚れを拭き取ってくれます。設計がコンパクトになっているので稼働面積も最大15畳となっていますが、小型ながらに強力なパワーで掃除してくれるブラーバです。
 

【ブラーバ390j】

 

ブラーバシリーズの中で最もシンプルな機能が備えられているスタンダードなモデルといえます。清掃モードは2つのみ。専用のクロスをセットし、給水口に水をいれて、あとはボタンを押すだけで自動で掃除を始めてくれます。乾拭きであれば最大56畳までの広さの部屋を掃除することができます。また市販されているお掃除シートを使用することができるのもブラーバ390jの特徴といえるでしょう。
 
  ブラーバジェットm6 ブラーバジェット250 ブラーバ390j
ジェットスプレー
水タンク 445ml 150ml 100ml
振動ヘッド
市販のお掃除シート
ウエットモード 3回水拭き(調整可) 3回水拭き(調整不可) 3回水拭き(調整不可)
ダンプモード 無し 2回水拭き 無し
ドライモード 3回乾拭き(調整可) 1回乾拭き(調整不可) 2回乾拭き(調整不可)

まとめ


iRobotから販売されているブラーバでしたが従来のお掃除ロボットと比較しても、よりパワフルになり、より高機能になっています。大きな違いは「使用する部屋の広さ」、「ジェットスプレー機能の有無」なので、使い方に合ったブラーバを購入する際の参考になれば幸いです。使用すればするほど、愛着が湧いてくるかたも多いようです。
 

 

10%OFF

最初の購入

メールを入力してください

クーポン
Recommended for You
M7 PRO
$ 459.00
T21
$ 129.00
P11
$ 259.00
A8
$ 149.00