ノンフライヤーのおすすめ商品比較
We use cookies to improve your online experience. By continuing browsing this website, we assume you agree our use of cookies.
By nbwjszd | 15 October 2020 | 0 Comments

ノンフライヤーのおすすめ商品比較

Proscenic Official Store
P11
$ 259.00
850T
$ 259.00
A8
$ 149.00
I7
$ 119.00
808C
$ 99.00
T21
$ 129.00
ノンフライヤーとは
 
ノンフライヤーとは揚げ物を調理する家電です。ただ、普段の揚げ物には油は必要ですが、ノンフライヤーだと最高200°Cの熱風が循環し、空気で食材を加熱させながら揚げることができます。想像するよりもサクサクな出来上がりにもなります。油を使わないおかげで調理する揚げ物の脂肪分は最大87%でカット出来ると言われています。ノンフライヤーにはたくさんの種類があり、種類とメーカーによって調理できる食材も変わってきますので、自分の好みに合わせて選びましょう。
 
ノンフライヤーのメリット・デメリット

ノンフライヤーにはメリットとデメリットがあります。
まず大きなメリットとして火や油を使わないので、火傷の可能性が低いことです。調理するには本体のボタンで温度と時間を設定だけが必要になってくるので楽です。また片付けとお手入れも非常に簡単です。ノンフライヤーに入っているバスケットが冷めたら、洗剤と水洗いで十分です。デメリットとしては多くのノンフライヤーはサイズが小さめなので、調理できる量も限られています。多くても2人分には足りるでしょう。また、普段の調理する時間よりは少しかかります。多くのレシピは最大30分もかかったりするのが多いです。ノンフライヤーのサイズは小さめですが、置くスペースは必要になってきますので、面積も考えていきましょう。
 
ノンフライヤーの選び方
 
まず容量で選ぶのがお勧めです。基本的にLは1人〜2人分になります。もし家族4人以上であれば、3Lの容量のノンフライヤーお勧めします。また選ぶポイントとしてレシピの多様さです。あるノンフライヤーは設定によって揚げ物だけでなく、グリル、デザート、煮物、ステーキ、焼き芋、魚類の食材も調理可能です。自分の好みを調理したいものに合わせて選ぶのがお勧めします。それらに従って、温度やタイマーを細かくできるものがお勧めです。特にデザートなどは正確に時間と温度をやったほうが美味しく出来上がるのです.

ノンフライヤーのメーカー別の特徴
 
メーカーによってノンフライヤーの特徴がそれぞれ異なります。世界で有名なティファールは取っ手が付いているので出来立てで調理したものを取りやすいです。後片付けは食洗機で洗えるので楽です。
ショップジャパンの場合はウィンドウキャッチャーという部品によって風の対流も作りながら、食材を全体的に加熱してくれます。またボタン設定は非常にシンプルでき楽です。片付けに関しては、本体を分解し食洗機でも対応しているのでスムーズに洗えます。
 
ノンフライヤーのおすすめ商品比較
 
 
メーカー オンライン生
Rollibot
        
ダイアモンドヘッド     グループセブジャパン シービージャパン
商品名
ノンフライヤー スリムDX LFR-806BK 
ノンフライヤー RolliBot ルームメイト ゼロフライヤーミニ EB-RM9700A-RD ティファール アクティフライ FZ205088 ノンオイルフライヤー TOM-01
本体サイズ 幅21.5×高さ32×奥行26.8cm 幅32×高さ38×奥行34cm 幅21.4×高さ26.7×奥行22.9cm 幅27.0×高さ25.0×奥行40.0cm 幅28.7×高さ31.5×奥行38.4cm
本体重さ 2.6kg  5.3kg 2.8kg     3.7Kg     5.0Kg
値段   (Amazon)5,760円              (Amazon) 9,980円  (Rakuten)3,971円 (Amazon)11,900円  (Amazon)17,800円
容量 2.4L     3.5L     1.0L    -    2L
温度設定 80~200     80~200     120~200  
-
  
90~210
タイマー機能 0〜60分 0〜60分     0~30分  1〜45分    0〜30分

まとめ
 
ノンフライヤーとは揚げ物を調理する家電です。ノンフライヤーだと最高200°Cの熱風が循環し、空気で食材を加熱させながら油を使わず揚げることができます。ノンフライヤーにはたくさんの種類があり、種類とメーカーによって調理できる食材も変わってきますので、自分の好みに合わせて選びましょう。
 
 

 
 
Recommended for You
M7 PRO
$ 459.00
T21
$ 129.00
P11
$ 259.00
A8
$ 149.00