2020年 ロボット掃除機 おすすめモデル
We use cookies to improve your online experience. By continuing browsing this website, we assume you agree our use of cookies.
By nbwjszd | 02 September 2020 | 0 Comments

2020年 ロボット掃除機 おすすめモデル

Proscenic Official Store
P11
$ 259.00
850T
$ 259.00
A8
$ 149.00
I7
$ 119.00
808C
$ 99.00
T21
$ 129.00

ロボット掃除機の特徴

特に毎年新しい製品が登場する上で、各モデルによって高度な機能もどんどん発達しているのです。これからロボット掃除機の選び方やお勧めモデルも紹介します。最近テレビなどで、全国で流行っているロボット式の掃除機です。通常の掃除機と違って、人間の力がいらない掃除機になります。形は様々ありますが、スムーズに回れるような丸い形が多いと言えます。自動的に床をきれいに掃除し、スマートスピーカーや音声操作も可能な製品も少なくはないです。

ロボット掃除機の選び方のポイント

ロボット掃除機は大きく2種類に分かれます。一つ目は吸引タイプです。落ちているゴミを普通の掃除機と同じように拾ってくれます。2つ目のタイプは拭き掃除タイプです。本体の裏面を使って水拭きでフローリング可能なタイプになります。吸引タイプはほぼの場所で問題なく使えますが、拭き掃除のタイプはカーペットや畳などでは使用できないのでご注意ください。また最近吸引タイプと拭きタイプは同時にできるロボット掃除機も人気になっています。

関連記事一覧

おすすめのロボット掃除機10選

iRobot「ルンバs9+ s955860」

 
 
こちらのモデルはD型で作られており、壁や角度にとても添いやすいタイプです。本体にはカメラと高精度センサーがついているので、自動的に位置情報とそのルートを把握しながら、スムーズに掃除とマッピングをしてくれます。またWi-fi機能でスマートスピーカを使用しながらもコントロール可能です。

パナソニック「RULO mini MC-RSC10」

 
 
 
非常にコンパクトな小型ロボット掃除機です。ルーロというシリーズの特徴としは、三角形な形です。小型のおかげで、狭い場所や家具の下もきれいに入り掃除することができます。障害物検知センサーもあり、自動的に壁祭を一回りをしてからランダムに走行します。

エレクトロラックス「PUREi9.2 PI92-6DGM

世界初のロボット掃除機はスウェーデンの老舗ブランドエレクトロラックスが開発し、PUREi9.2のモデルも同社の製品となります。一番大きな特徴としては3D VISIONテクノロジーが設置されており、室内環境を360度で検知しながら掃除をしてくれます。

シャープ「COCOROBO RX-V95A」

 
シャープが開発したA Iシステムの一つ「ココロエンジン」からの一つのラインアップされた「ココロボ」です。大きな特徴としては、音声で操作し会話ができるロボット掃除機です。挨拶やお礼、また掃除する場所も声にしながら、コミュニケーションできます。また「エアーすみブラシ」機能で、風をかけながら壁や角度などのゴミが取りにくいところにも効果的に掃除してくれます。

Anker「Eufy RoboVac L70 Hybrid」

 
 
ゴミの収集も水拭きもできるハイブリッドのロボット掃除機になります。本体の前方のブラシでゴミを収集しながら、後方のモップで水吹きをするという仕組みです。本体内のセンサーが設置されており、自分と部屋の位置を認識しながら、効率的に掃除してくれます。
 

ECOVACS DEEBOT 900 

 
 
スマホで動くロボット掃除機です。スマートフォンで操作を行いながら、スマートナビで自分でルートを測定しそれに従って掃除をしてくれます。また吸引力には静音モードと標準モードから選ぶことができ、自分の好みと環境に合わせてコントロールできます。高機能で低額なので、トライにはお勧めです。
 

Electrolux(エレクトロラックス) Motionsense(モーションセンス) ERV5210IW 

 
 
形は丸いのではなく、三角形の形のおかげで角度のゴミをしっかり吸引してくれます。またナビの設定以外にも自動充電、進入禁止、スケジュール設定の機能も入っているので、非常に使いやすいロボット掃除機です。
 

ILIFE アイライフ V8eロボット掃除機

 
 
iLifeのロボット掃除機はM字クリーニングルートが入っており、同じ場所の繰り返しや漏れがなく部屋を掃除してくれます。ダストボックスも大容量になり、ゴミを捨てる回数にも効きます。大きさ的にわずか81mmなので、手が届かない所や狭いところまできれいにゴミを収集してくれます。
 

エコバックス 薄型ロボット掃除機 DEEBOT OZMO Slim10 DK3G

 
 
ハイブリットの薄型タイプのロボット掃除機です。高さはわずか57mmなので、ベッドやソファのような低い家具の下にも掃除してくれます。スケジュール指定はできるが、進入禁止設定はできませんのでご注意ください。
 

Anker Eufy RoboVac 15C

 
 
Wifi繋げるのが可能なロボット掃除機です。アプリから、スケジュール設定やモード変更を簡単にコントロールでき、最大100分を掃除することができます。掃除する場所によって吸引の力も自動的に変更してくれるので、非常にスマートなロボット掃除機です。

まとめ


基本的にロボット掃除機は二つの種類に分かれ、吸引タイプと水拭きタイプです。水吹きタイプは畳やカーペットでは使用が出来ないので、モード変更などできないような掃除機には注意が必要です。ロボット掃除機は普段の掃除機に比べて新しいモデルになってくるので、高度な昨日が入っているモデルも多いと言えます。
 
 

 

10%OFF

最初の購入

メールを入力してください

クーポン
Recommended for You
M7 PRO
$ 459.00
T21
$ 129.00
P11
$ 259.00
A8
$ 149.00