ルンバ 価格で選ぶおすすめのモデル
We use cookies to improve your online experience. By continuing browsing this website, we assume you agree our use of cookies.
By nbwjszd | 27 August 2020 | 0 Comments

ルンバ 価格で選ぶおすすめのモデル

Proscenic Official Store
P11
$ 239.00
850T
$ 258.00
A8
$ 90.30
808C
$ 99.00
家庭用ロボット掃除機が日本に上陸したのは2002年のことです。 自動的に動き回って部屋を掃除するロボット掃除機は、当時はまれでした。

しかし、18年後、「便利な家電」「欲しいもの」として世界に認められました。 注目度が高く、イメージも有望なロボット掃除機ですが、日本での普及率は10%にも満たない。 拡大の余地のあるジャンルでもあります。
 
ロボット掃除機を導入するメリットを改めて述べると、まずは自宅での時間と労力の削減です。 スケジュールを設定しておけば、留守中にきれいになり、きれいに仕上がります。 忙しくて掃除ができない方だけでなく、手作業でお年寄りの方にもお勧めです。
 
さあ、掃除のない生活を体験しましょう。
ご家庭で人気商品を体験!
 
掃除ロボットの代名詞とも言えるルンバは、床を自動的に掃除する家電として人気です。 バッテリー寿命とWi-Fiサポートが改善され、次々と進化しています。今回はルンバ 価格で選ぶおすすめのモデルを紹介します。



 

ルンバ掃除機の選び方

 
気になる商品と同じ価格帯が気になる方は以下の点にご注意ください。
 

1)まず、各シリーズのパフォーマンスを知りましょう。

 
現在発売中のルンバには、500600700800900などの「3桁シリーズ」と、e5i7、最新のs9 +などの「アルファベットシリーズ」があります。 機種によって細かい機能は異なりますが、まずは各シリーズの特徴をチェックしていきましょう。
 

2)タイプ

 
吸引、拭き取り、組み合わせの3つのタイプを選択することは重要なポイントです。 自分の生活環境や床の通常の状態を振り返って、床掃除を自動化する場合、どのような工程を省きたいか考えてみましょう。
 
たとえば、ペットを飼っていて脱毛を避けられないのなら、吸引タイプです。 特にベトベトしたフローリングが気になる方は水で拭いてください。 家に多くの時間がなく、床の掃除を避ける時間がない場合は、すべてのタイプを組み合わせてすべてを自動化することをお勧めします。
 

3Wi-fi /アプリ連動機能

 
Wi-Fi機能を搭載している機種であれば、スマートスピーカーやスマートフォンアプリと連携して遠隔操作が可能。
 
家に帰る前に掃除ができて、外から操作できるだけでなく、本体に行かなくても音声で指示できるのも嬉しいポイントです。
 
掃除スケジュールを1週間に設定できるものもあり、毎回設定する手間が省けます。
 
外出が多い場合は、外出先からルンバを起動できるWi-Fi対応をお勧めします。
 
Wi-Fi対応モデルは、旅行や出張などで長時間外出することが多い人や、一人暮らしの人におすすめです。 Wi-Fiを利用してスマートフォンと連携する機能があれば、外部から操作できます。 外出の設定をし忘れても、外出先からルンバを起動できます。
 
Wi-Fi機能については、同じシリーズのものもあれば、そうでないものもありますので、仕様表を必ずご確認ください。
 

4)サイズと形状

 
使いやすさを向上させるためには、ご家庭に合ったサイズと形状のロボット掃除機を選ぶことが重要です。
家具間の狭い隙間も掃除したい場合は、コンパクトで回転しやすいタイプをお勧めします。 部屋の隅をきれいにしたい場合は、三角形のほうが隅をきれいにするのに適しています。
 
また、本体の高さは、ソファやベッドの下をきちんと掃除するための重要なポイントです。 引っ掛からないように、既存の家具にできるだけ合う高さを選択してください。
 

5)空間把握機能

 
壁や段差を検出するセンサーを設置し、段差に落ちたり激しく壁にぶつかったりしないようにしてください。
 
空間を正しく認識することで、落下や衝突を防ぐだけでなく、きれいに掃除することも重要です。
 

6)静かな音


小さな赤ちゃんがいるか、静かな住宅地に住んでいて、ロボット掃除機を真夜中に稼働させたい場合は、ノイズレベルを確認してください。
 
ただし、メーカーに記載されていない商品も多数ありますので、動作音が気になる場合はレビューをよく確認してください。
 

7)メンテナンス方法

 
簡単にセットするだけで自動掃除を行うロボット掃除機ですが、本体のダストボックス内のゴミを定期的に取り出さないと吸引力も低下します。 体を清潔に保つためには、水で洗えるフィルターとブラシを選ぶことが重要です。
 
このメンテナンスの負担を軽減するために、大きなサイズのダストボックスまたは水で洗えるダストボックスを選択してください。

おすすめルンバ掃除機ランキング5

 

 1iRobotロボットクリーナールンバi7 + I755060 

 


ダストボックスに溜まったダストを自動排出
容器に溜まったホコリは自動的にクリーンベースに排出されます。 30カップのダストコンテナが収納できるので、ロボット掃除機のようにゴミを捨てる負担を軽減できます。 収集されたゴミはそのまま廃棄され、収集時にゴミが飛散しにくくなります。
 
iRobot」の「Brava」とリンクさせることもでき、ルンバi7 +i7を同時に自動的にクリーニングできます。
 
サイズ ロボット本体:約 35.1 x 9.2 cm、きれいなベース:約 39 x 31 x 49 cm
稼働時間・エリア  :   最長約75
ステップオーバー:  ü(約2 cmまで)
衝突防止機能 üvSLAM®ナビ)
構内図をつかむ  ü iRobot HOMEアプリ)
スマートフォンリンク:ü (禁止エリアの設定、ブレイバーとの連動、スマートマッピング、コース指定、タイマー予約、クリーニングメニューのカスタマイズ、Clean Map®レポート)
立ち入り禁止設定 ü iRobot HOMEアプリ)
自動復帰   ü 
水洗い   ü 
 

2)アイロボット/ iRobotルンバ960 R960060

 


ルンバは8万円以下! クリーンマップレポート機能あり
「ルンバ960」は定価7万円でご購入いただけます。 「Iシリーズ」以降の学習機能はありませんが、掃除の実行記録やアプリとの連携を通知するクリーンマップレポート機能を搭載しています。 洗浄の基本機能はバランスが取れており、便利で扱いやすいです。
ベーシックタイプの約5倍の吸引力で、部屋の隅々まで丁寧にお掃除します。
 
サイズ  35.3×9.2cm
稼働時間・エリア  最長約75
ステップオーバー    ü (約2 cm
平面図をつかみます    ü Imprint®スマートマッピング)
スマートフォンリンク:  ü (クリーニングメニューのカスタマイズ、スケジュール設定、Clean Map®レポート、Braberとの連携)
自動復帰     ü 
水で洗う      -
衝突防止機能     ü
入力禁止設定      ü 
 

3)エレクトロラックス純粋なi9.2 PI92-6DGM



 
最大120分移動できます! 約700mlのダストボックスも魅力的
「エレクトロラックス」のピュアi9.2PI92-6DGM)。 独自の3D Vision™テクノロジーにより、物体までの距離を測定しながら移動できるため、家具に傷を付けたり、階段から落としたりする心配がありません。
 
サイレントモードでは、最大120分間操作できるだけでなく、自動的に充電されます。 また、本体のダストボックスは約700mlと大容量。 ガベージコレクションの頻度は低いです。
 
サイズ   31.5 x 27.5 x 8.5 cm
運行時間・地域 120
ステップオーバー   ü (最大約2.2 cm
スマートフォンリンク   ü (フロアプランナー、スケジュール予約設定)
自動復帰  ü
水洗い     ü
衝突防止機能  ü
構内図をつかみます   ü
入力禁止設定  ü
 

4Braava Jet(ブラーバジェット)250 B250060



 
安価でも機能が充実『iRobot』の 『ブラーバジェット』 200シリーズ。専用のクリーニングパッドを装着し、クリーンボタンを押すだけで、ドライ、ウェット、ダンプの3つのモードから最適なものを選択して自動で掃除を開始して くれます。
 
iRobot HOMEアプリ』と連動して、清掃の開始や停止、掃除モードの選択を行うなど、3万円台で購入できるアイテムとは思えないほど充実した機能性の高さが魅力的です。
 
サイズ 17.8×17×8.4cm
使用時間・面積     ウェットモード:約12畳ダンプ、ドライモード  15
スマートフォンリンク  ü(本体操作、掃除モードの選択)
ステップオーバー    -
自動復帰 ü
水洗い    ü
衝突防止機能  ü
平面図をつかみます  -
入力禁止設定  ü
 

5) iRobot Braava Jet(ブラーバジェット)m6 M613860

 


『ルンバ』と連動できる!アプリ機能も充実
『アイロボット』の床拭きロボット、 『ブラーバ』のmシリーズ。 『ルンバ』とも連動でき、吸引掃除が済んだら自動で拭き掃除を開始できます。
 
iRobot®HOMEアプリ』を使って清掃モードや、掃除をする部屋の選択、スケジュール設定などの幅広い操作ができるのも魅力的なポイントです。家具や絨毯、壁などをしっかり避けながらジェットスプレーで汚れ をしっかり落とします。

サイズ 27×25.2×9cm
稼働時間・面積  60
フロアプランを把握する: スマートマッピング機能
スマートフォンリンク  ü(スケジュール設定、掃除モード、部屋選び)
ステップオーバー    -
自動復帰     ü 
水洗い  
衝突防止機能     - 
入力禁止設定   ü
 

概要

 
ルンバをはじめとするロボット掃除機のトップモデルは、常に一歩先を行く機能を搭載し、製品水準を高めています。
 
ルンバにはさまざまな種類があり、区別が難しいのですが、機種によってかなり性能が異なります。 あなたの人生に合ったルンバを見つけて、掃除のパートナーとして歓迎してください。
 
なお、防犯や家の中の安否確認などの掃除以外にも、部屋間を自動的に移動できるロボット掃除機の開発が今後も期待される。
 
部屋間を自動的に移動したり、家の中の防犯や安否確認ができるので、今後もこの分野が楽しみです。
 
 
 
 

 

10%OFF

最初の購入

メールを入力してください

クーポン
Recommended for You
P11
$ 239.00
A8
$ 90.30