We use cookies to improve your online experience. By continuing browsing this website, we assume you agree our use of cookies.
By nbwjszd | 17 July 2020 | 0 Comments

2020 加湿器のおすすめ人気ランキング8選

特に暖房を使用する冬は室内が乾燥しがちです。それに加え室内が乾燥するとウイルスの動きが活発になります。適切な湿度は40%~60%と言われています。そうしたときに使用するのが「加湿器(加湿機)」です。大きく分けて[スチーム式][気化式][超音波式][ハイブリッド式]に加え、最近ではアロマ効果や空気清浄機能を備えた加湿器は冬だけでなく通年使用したりと、種類豊富な加湿器をどのようにして選ぶのか迷う方も多いかと思います。今回は数ある加湿器のなかから種類別に厳選された商品をランキング順にご紹介します。性能はもちろんのこと、デザイン性に優れたものがあるなか、是非あなたのお部屋にぴったりの1台を見つけて快適な室内で快適に過ごしましょう。
 
【加湿器の効果は?】

加湿器(加湿機)とは、蒸気を用いて室内を加湿するものや、超音波加湿器など種類は様々です。主な役割は室内を快適な湿度に保つ(55~60%)ことですが、それ以外にも湿度をあげることで部屋に花粉やウイルスが飛散するのを防ぐ役割もあります。
 
【加湿器を選ぶときに気をつけたいポイント】

室内の広さや用途によって使い分けることをオススメします。部屋の広さに適した加湿が行われるかどうかは【最大加湿量】を参考にします。最大加湿量(1時間に放出する水分量)が200mlと記載されているものであれば洋室6畳、和室であれば3畳の広さに適しています。また一般家庭では「スチームファン・スチーム」式の加湿器が多く使用されています。これらは電熱を使って水を沸騰させ、そのスチームを送風機によって拡散させるものです。送風機を用いないものをスチーム式と呼ぶことがあります。それ以外には水噴霧式を使用していることが多いです。水噴霧式で代表的なものは、超音波を使った振動によって微粒子化された水を送風で室内に循環させる「超音波加湿器」があります。

【加湿器の種類を比較】

種類が多く、どの加湿器が良いのかわからない、という方も多いかと思います。ここではタイプ別にどのようなものがあるのかを見ていきたいと思います。
 
【スチーム式加湿器】
 
電熱を使って水を沸騰させることによって出たスチームを利用して室内を加湿するタイプのものです。利点としては、「加湿が早い」ことがあり、水も沸騰させられるので雑菌が発生せず衛生的にも良いとされています。またフィルターなどがないため、とても簡単に手入れすることができます。

1. 象印「EE-RP35/EE-RP50
 

スチーム式加湿器の水を沸騰させる音が気になる方も象印「EE-RP35/EE-RP50」では沸騰音を和らげることができる「湯沸し音セーブモード」機能を備えております。他にも安全面を考慮したチャイルドロック機能や本体転倒の際にこぼれてしまうお湯を最小限に抑える機構など、万が一に備えた機能もあります。

2.三菱重工「roomist(ルーミスト) SHE60SD




水タンクから必要な量だけを加熱する仕組みになっています。また噴出される蒸気温度は55度以下となり、やけどの心配も解消されます。内蔵センサにより室温と湿度を検知し、加湿量を調整してくれるだけでなく設定湿度を保つ機能も備えています。

【気化式加湿器】

水分を含ませたフィルターなどの加湿材に空気をあて水を蒸発させます。気化式はヒータを使わないので消費電力を比較的安くすませられます。またフィルターを交換したり掃除する必要があります。

3. パナソニック「FE-KXS07


 

長時間使用しても加湿音や消費電力が気にならない省エネを採用しています。場面に応じた様々なモードに設定することで湿度を自動的に維持することができ、スチーム式や超音波式に比べて圧倒的に消費電力を抑えることが可能です。

4.バルミューダ「Rain


  

水タンクレス採用で一見すると加湿器に見えませんが加湿器としての機能性は抜群です。給水が必要になれば本体上部から水を注ぐだけなのでタンクを持ち運ぶストレスがなくなります。またWi-Fi機能が搭載されており、外出先から電源操作も可能となっています。

【超音波式加湿器】

超音波を使って、タンクに入れた水を微振動させてミストを発生させ、そのミストで加湿する仕組みになっています。ミストの噴出を活かしてアロマをセットできるものが多くあります。沸騰させたりすることがないので、比較的静音です。ミストの噴出する方向に気を付けないと壁が濡れたり結露の原因となることもあります。
 
5.ダイソン「Dyson Hygienic Mist


  

雑菌効果のある紫外線UV-Cライトを搭載し、99.9%除菌効果があります。ダイソン従来の「エアマルチプライヤー」も採用されているため、送風機として利用することができます。

6.Proscenic808C



アプリを用いて各種の操作を行うことが可能です。デザイン性だけでなく性能も優れており、アロマ対応もしているので、加湿と同時に心身のリラックス効果も期待できます。ミスト噴出も7段階調整可能であり、360度回転式ノズルなので加湿したい方向を調整することが可能です。

【ハイブリッド式加湿器(温風気化式)】

ハイブリッド式は、[気化式+ヒーター]、[超音波式+ヒーター]の2種類に分けることができます。
・[気化式+ヒーター]は、気化式と同様にフィルターを必要としますが、フィルターに温風をあてることで気化式よりも効率良く部屋の湿度を保つことが可能です。
・[緒音波+ヒーター]は、超音波式と同様にタンクに水を入れます。タンク内の水を温めながらミストを噴出することができるので、超音波だけのものよりも効率的に室内の湿度を保つことが可能です。
 

7.ダイニチ「HD-RX519



設定湿度に達すると自動でヒーターのオン・オフに切り替わるので消費電力を最小限に抑えられます。「静音」、「おやすみ加湿」、「ターボ運転」の各モードに設定していただくことでより快適にご利用いただけます。

8.シャープ「HV-J75



タンクレスのデザイン性に併せプラズマクラスターイオンを放出することができます。加湿機能としても「おまかせ」、「エコ」各モードを搭載しており十分な機能を果たしてくれますが、プラズマクラスター単独運転も可能なので空気清浄として通年利用することも可能となります。

【プロセニックの加湿器おすすめの理由】


 
 独自のアプリ、グーグルアシスタンス機能を使用することでよりミストの噴出や各機能・各モードおよび電源管理のより容易な操作を実現しました。一見すると加湿器には見えないデザインなので家庭やオフィス、どこに置いてもマッチするデザインとなっています。
アロマ対応でリラックス効果を期待できるほか、
360度回転式ノズルなので加湿したい方向にミストを向けることができます。静音だけでなく、LEDライトはオフ機能もあるため、就寝時など加湿音やライトが気になる心配もありません。