We use cookies to improve your online experience. By continuing browsing this website, we assume you agree our use of cookies.
By プロセニック | 24 April 2020 | 1 Comments

電動歯ブラシメリットとデメリット

今市販されている電動歯ブラシは回転歯ブラシ、超音波ブラシ、音波ブラシを3種類に分かれてます。

音波ブラシと超音波ブラシは音波を発することで高速の水流を作り出し、プラークを取り除いてくれるのです。また、音波が口内の細菌に作用し、細菌同士のつながりを破壊します。

回転歯ブラシは高速回転しながら磨くタイプ。振動だけで汚れや歯垢(プラーク)を取り除きますが歯と歯茎の境目(歯周ポケット)などを綺麗に磨くには足りないと思われます。

電動歯ブラシのメリット

1. 左右に手を動かさなくて良い

手用の歯ブラシと比べて、歯磨きをするとき手を左右に動かさなく、ゆっくりスライドするように手で動かすだけ!歯に当てるだけで歯ブラシ自体が振動して磨いてくれるので動かさなくても磨けます。

2. 短時間で磨ける

手用歯ブラシと比べて、歯ブラシのヘッドが毛先に細かな振動を与えるため短時間で磨くことができます。

3. 歯垢除去効果が良い

電動歯ブラシを使うことで歯垢の除去率は高いです。細かな毛先の動きにより、手で行なうとどうしても届かない細かな部分や奥までしっかりと毛先が入り磨くことができます。

電動歯ブラシのデメリット

1. 刺激が大きい

振動の刺激によって歯ぐきや歯を痛めてしまうこともあります。電動歯ブラシを使う時に力を入れすぎてしまい歯ぐきや歯を傷つけてしまっては逆効果になります。お年寄りや子どもが電動歯ブラシを使っている場合、お口の中が傷ついていないかチェックしてあげるのも良いかもしれません。

2. 慣れるまで時間かかる

電動歯ブラシは使い慣れない人だと、今までの癖で歯ブラシを歯茎や歯に強く当ててしまうこともあるでしょう。電動歯ブラシによっては振動が少ないタイプもありますので、結局自らブラシを動かさないと綺麗に磨けない場合もあります。

まとめ

歯の生え変わりは人生で一度きりです。自分の歯を維持しようと思ったら、ケアを頑張ることしかできません。電動歯ブラシメリットやデメリットがありますので、使いこなせる人や口内の健康維持のために必要な場合は、じっくりと人気商品を比較して判断してくださいね。

電動歯ブラシをメインで使用するか、それとも普通の歯磨きのサポートとして使うか。

それぞれに合ったデンタルケアに、ぜひとも電動歯ブラシを活用してください。


 

Recently Reviews

Read More

Leave a Reply

Your email address will not be published.Required fields are marked. *
Name
E-mail
Content