We use cookies to improve your online experience. By continuing browsing this website, we assume you agree our use of cookies.
By プロセニック | 18 April 2020 | 0 Comments

ハンドブレンダーの選び方

ハンドブレンダー(スティックミキサー)とは片手で持ちながら使うスティックタイプの電動フードプロセッサーのことで、指先でスイッチを押すと、つぶす・刻む・泡立てる・混ぜる・砕くなど様々な調理ができます。コンパクトでかさばらず、ボウルや鍋の中に直接入れて使うことができます。

どのハンドブレンダーを選んだらよいか悩んでいる方がいらしゃると思いますか。今回ハンドブレンダーの選び方を紹介します。ハンドブレンダーの価格、機能、ブレードの素材、連続稼働時間などはチェックのポイントです。

価格

今市販しているハンドブレンダーは4000円~6000円台が人気です。その価格でコードありタイプでアタッチメントが充実で、色んな料理の下ごしらえに利用できます。

コードレスハンドブレンダーは10000円台以上になります。コードレスハンドブレンダーは使う時、コード邪魔ならず、収納も便利です。

素材

もしブレードの素材がブラスチックの場合には熱い食材や固い野菜などに使えない場合が多いです。また氷や硬い食材やブイヨンなどで煮込んだスープをポタージュにする際には、プラスチック素材ではないステンレス製を選ぶのが良いでしょう。

ステンレス製の場合、食材の温度を気にせずに使用ができます。まだステンレス製のブレードは錆びにくく、汚れもすぐ落とせるのでお手入れも簡単です。

ステンレス製のブレードのハンドブレンダーがおすすめ。



コード

コードありハンドブレンダーは、使用する時パワーが持続しますしかし収納する時邪魔になります。コードレスは使用や収納が便利ですか、充電時間と使用時間がチェックしないといけないです。

機能

200W以上ハンドブレンダーであれば通常の使いをするのには十分です。ワット数が大きいほど、ハイパワーになります。ワット数が高いほど、スムージーやポタージュを簡単に作れます。但し、ワット数が大きくなるほど価格も高くなります。

スピード調整

ハンドブレンダーは回転スピードの調整ボタンが付きモデルがあるし、ハイスピードとローススピードの2階段の調整しかできない製品もあります。ブレードの回転スピードを調整できると、食材や液体の飛び散りを防げます。また、固い食材や液体と一緒に潰したり、混ぜたりする際は、速い回転スピードで使うと食材があちこちに散ってしまいます。



アタッチメント

アタッチメントが多種付属しているハンドブレンダーで料理のしたごしらえやアレンジの幅が広がります。料理が便利になります。

ハンドブレンダーのおすすめ商品:Proscenic ハンドブレンダー

800Wモーター搭載
 

優れたミキシング機能の800Wのモーターを搭載しています。人間工学的なグリップデザインのハンドブレンダーは、ボタンを指で押しながらスピード調整ができます。ハイパワーのハンドブレンダーを使うと、短時間で簡単に食材の下ごしらえができとても便利です。その上、ナッツや氷など硬いものも簡単に砕けるため、カレーやスムージーなども手軽にできます。
 

アタッチメント多種、

一台5役:ブレンダー、チョッパー、泡立て器を1本に集約。

ふだんよく使う「つぶす」「混ぜる」「きざむ」「泡立てる」「砕く」を一台で簡単に使いこなせるので、毎日手軽にひと手間かけたお料理が楽しめます。

スピード調整 10段階 

ボタンを押す力を調整することで、スピードをインテリジェントに調整できます。

304ステンレススチールのブレード

100BPAフリー容器と304ステンレススチールブレード。保証された食品用安全材料を用いており、日本食品検査にも合格しています。

壁掛け収納&お手入れ簡単:

調理完了後、モーターユニットを除くすべてのアタッチメントが洗浄可能。食洗機も対応で、ご使用後の後片付けもスムーズです。 スティックブレンダーのケーブルには壁掛け用のホールがあり、S字フックなどで吊るして収納することができます。